DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

長崎県における肺癌の疫学と肺癌検診<セミナーI : 九州における肺癌検診の現況>


ファイル 記述 サイズフォーマット
haigan42_7_829_831.pdf282.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県における肺癌の疫学と肺癌検診<セミナーI : 九州における肺癌検診の現況>
その他のタイトル: Meeting Report : Epidemiology and Screening for Lung Cancer in Nagasaki, Japan
著者: 早田, 宏 / 富田, 弘志 / 早田, みどり / 岡, 三喜男 / 河野, 茂
著者(別表記) : Soda, Hiroshi / Tomita, Hiroshi / Soda, Midori / Oka, Mikio / Kohno, Shigeru
発行日: 2002年12月20日
出版者: 日本肺癌学会
引用: 肺癌 = Japanese Journal of Lung Cancer, 42(7), p.829-831; 2002
抄録: 目的.長崎県における胸部X線と喀痰細胞診を用いた肺癌住民検診の効果について,会議録として予備報告を行う.方法.地域がん登録のデータを用い,検診の効果を評価した.結果.検診の効果は組織型や性別で異なっていた.結論.肺癌検診の効果を評価する場合こは,肺癌の多様性を考慮すべきである.(肺癌.2002 ; 42 : 829-831) / Objectives. We made a preliminary report regarding the effectiveness of population-based screening with chest radiography and sputum cytology for lung cancer in Nagasaki Prefecture, Japan. Methods. Using data of the population-based cancer registry, the effectiveness of screening was evaluated. Results. The effectiveness of screening varied according to histological type and gender. Conclusions. The heterogeneity of lung cancer should be considered when evaluating the effectiveness of screening for lung cancer. (JJLC. 2002 ; 42 : 829-831)
キーワード: 肺癌 / 疫学 / 検診 / 発見率 / Lung cancer / Epidemiology / Screening / Detection rate
URI: http://hdl.handle.net/10069/20204
ISSN: 03869628
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141880/
権利: 日本肺癌学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/20204

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace