DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

6.気管支成形術を併用した肺癌切除術の検討


File Description SizeFormat
haigan13_4_360.pdf111.37 kBAdobe PDFView/Open

Title: 6.気管支成形術を併用した肺癌切除術の検討
Authors: 綾部, 公懿 / 足立, 晃 / 大曲, 武征 / 鬼塚, 敏雄 / 富田, 正雄 / 辻, 泰邦 / 白石, 満州男 / 窪田, 芙佐男
Issue Date: 25-Dec-1973
Publisher: 日本肺癌学会
Citation: 肺癌 = Japanese Journal of Lung Cancer, 13(4), p.360: 1973
Abstract: 肺癌の根治的切除を維持すると共に,可及的に肺機能を温存する術式である気管・気管支成形術9症例を経験したので検討した.症例はすべて男性であり,病変は8例が左右上葉気管支に,1例が右中幹気管支に存在した.組織型は痛平上皮癌7例,腺癌ユ例,未分化癌1例である.現在最長4年3月月のユ例を含め4例が生存中である.肺癌に対する気管支成形術併用肺切除術式は予後の点でも満足すべき.ものであり,術直後の心肺動態変動の面から観察しても高命者に対する手術侵襲の過大は認められず,肺機能を沮存できる点で高命者肺癌に対し有用な術式であると考えている.これら症例のうち特に,術前の肺機能検査上1側肺別除の過大な手術侵襲が加えられない症例に対して本術式を採用し,腫瘍を含めた癌遭展部を切除し術後合併症を認めず経過した2症例につき報告し,本術式の有用性について強調した.
URI: http://hdl.handle.net/10069/20295
ISSN: 03869628
Relational Links: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003119419/
Rights: 日本肺癌学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/20295

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace