DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

3.経皮的肺吸引生検法について : 第32回支部活動 : 九州支部


File Description SizeFormat
haigan13_4_359_360.pdf198.15 kBAdobe PDFView/Open

Title: 3.経皮的肺吸引生検法について : 第32回支部活動 : 九州支部
Authors: 中塚, 重和 / 奥野, 一裕 / 中富, 昌夫 / 吉村, 康 / 中野, 正心 / 原, 耕平
Issue Date: 25-Dec-1973
Publisher: 日本肺癌学会
Citation: 肺癌 = Japanese Journal of Lung Cancer, 13(4), p.359-360; 1973
Abstract: 近年Bronchofiberscopeおよび病巣擦過法の開発により,肺癌の確定診断は急速に向上してきた.しかしながら,末梢気管支に発生したいわゆる小型肺癌に対しては,このような方法を用いても診断不能な例が少なくない.また患者が重症で各種検査が充分行なえない場合もしばしば経験される.最近我々は少数例ながら,このような症例に経皮的肺吸引生検を試み次のような知見を得た.まずX線上肺癌を疑わせる症例で,Br-onchofiberscopeやBrushimgの適応範囲でない,いわゆる末梢小型肺癌や,患者が重症で各種検査が充分行なえない場合に,吸引生検が確定診断の有力な手段となること,またこの方法は透視設備があれば比較的簡単に行なうことができ,患者に対する浸襲もほとんどなく,特に認むべき合併症もない優れた検査法であると考えられる.従って,従来の肺癌確定診断法に,経皮的肺吸引生検法を加えることにより,肺癌確定診断率をより高めることが可能と思われる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/20296
ISSN: 03869628
Relational Links: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003119416/
Rights: 日本肺癌学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/20296

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace