DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 下村脩先生関係資料 > 下村脩先生関係資料 >

無機クロマトグラフに関する研究(第1報) アルミナによる金属イオンの簡易微量分析法


ファイル 記述 サイズフォーマット
YZ73_1346.pdf1.01 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 無機クロマトグラフに関する研究(第1報) アルミナによる金属イオンの簡易微量分析法
その他のタイトル: Studies on the Inorganic Chromatography. I. A Convenient Micoanalysis of Metal Ions with Alumina.
著者: 安永, 峻五 / 下村, 脩
著者(別表記) : Yasunaga, Shungo / Shimomura, Osamu
発行日: 1953年12月
出版者: 日本薬学会 / the Pharmaceutical Society of Japan
引用: 薬学雑誌, 73(12), pp.1346-1350; 1953
抄録: A glass capillary of approximately 0.8 mm. inside diameter and approximately 10 cm. long, filled with alumina and having a pinhole at one end was used as a means of detecting several kinds of mixed ions by suction of sample solution and coloration reagents into the capillary through the pinhole. Limit of detection of metallic ions by various coloration reagents was examined and the present method was found to be far sharper than the paper spot test and the best suited for the detection of a minute amout of ions. The feature of this method may be said to lie in the fact that only a minute amount of sample and alumina are needed and that the procedure is simple and time short.
URI: http://hdl.handle.net/10069/20872
ISSN: 00316903
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:下村脩先生関係資料

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/20872

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace