DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 090 生産科学研究科 > 090 学術雑誌論文 >

福岡県津屋崎干潟におけるカブトガニ幼生の成長とモニタリング手法の開発


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJCE13_199.pdf133.32 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 福岡県津屋崎干潟におけるカブトガニ幼生の成長とモニタリング手法の開発
その他のタイトル: Growth and development of the monitoring method for juvenile horseshoe crab Tachypleus tridentatus at Tsuyazaki mudflat in Fukuoka, Japan
著者: 和田, 年史 / 米山, 太平 / 橋口, 大佑 / 野村, 俊介 / 板谷, 晋嗣 / 秀野, 真理
著者(別表記) : Wada, Toshifumi / Yoneyama, Taihei / Hashiguchi, Daisuke / Nomura, Shunsuke / Itaya, Shinji / Shuuno, Mari
発行日: 2008年11月
出版者: 保全生態学研究編集委員会
引用: 保全生態学研究, 13(2), pp.199-205; 2008
抄録: 福岡県津屋崎干潟においてカブトガニ幼生の成長の解明とモニタリング手法の開発に取り組んだ。2003 年9 月から2006 年10 月にかけての野外調査で得られたカブトガニ幼生の体幅組成では17.00-62.00 mm の間に4 つの正規分布が認められ、それぞれの単峰領域が5 から8 脱皮齢の体幅サイズの範囲を示した。各脱皮齢の平均値から求められたカブトガニ幼生の成長率は5 脱皮齢から順に1.35・1.33・1.31倍であった。津屋崎干潟での野外調査で得られた幼生の成長率は過去の飼育環境下で得られた成長率よりも高かった。本研究で示された各脱皮齢の体幅サイズの範囲を基準として幼生の齢組成を判別することによって、絶滅が危惧されている本種の個体数の増減を監視することができると考えられる。生活史を通して多様な沿岸環境を必要とするカブトガニは沿岸生態系保全の象徴となり得る存在であり、地域の自然環境や生物多様性を保全する意味でも市民参加型のモニタリング調査を実施し続ける必要がある。 / We investigated the growth of juvenile horseshoe crab Tachypleus tridentatus at Tsuyazaki mudflat in Fukuoka Japan from September 2003 to October 2006, thereby approaching the development of the monitoring method for the endangered species. The growth of juvenile horseshoe crabs was estimated using carapace width (CW) frequency analysis. The CW frequency was separated into four instars with 17.00-62.00 mm of CW range, resulting that each area of unimodal distribution showed the CW ranges from 5 to 8 instars. The mean CW of juvenile horseshoe crabs increased 1.35, 1.33 and 1.31 times with the molting process, and these values were higher than the growth rate under the rearing condition for the previous study. Dividing the captured individuals into age groups according to the CW ranges obtained from this study, it would become possible to monitor the increase and decrease of the threatened wild population. The endangered horseshoe crab can be potentially an important flagship species for the conservation of the coastal ecosystem, because diverse coastal environments are indispensable for its life cycle.Therefore, in order to protect not only the endangered species but also its natural habitat or biodiversity, the citizen-based monitoring of horseshoe crabs should be continued in this field.
キーワード: 絶滅危惧 / 象徴種 / 自然環境保全 / 環境教育 / 体幅組成解析 / Endangered species / Flagship species / Natural environment conservation / Environmental education / Carapace width frequency analysis
URI: http://hdl.handle.net/10069/20922
ISSN: 13424327
権利: 日本生態学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:090 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/20922

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace