DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

人工呼吸器装着中の呼吸理学療法に関する全国調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
rigaku29_6_230_236.pdf693.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 人工呼吸器装着中の呼吸理学療法に関する全国調査
その他のタイトル: National Survey of Cardiopulmonary Physiotherapy for Patients with Mechanical Ventilation
著者: 高橋, 哲也 / 石川, 朗 / 嶋先, 晃 / 神津, 玲 / 千住, 秀明 / 桜田, 弘治 / 眞渕, 敏
著者(別表記) : Takahashi, Tetsuya / Ishikawa, Akira / Kozu, Ryo / Sakurada, Koji / Shimasaki, Akira / Senjyu, Hideaki / Mabuchi, Satoshi
発行日: 2002年
出版者: 社団法人日本理学療法士協会
引用: 理学療法学. 29(6), p.230-236: 2002
抄録: 理学療法士がどの程度,またどのように人工呼吸管理に関与しているかを明らかにするために,全国470施設を対象に,人工呼吸器装着中の呼吸理学療法(Chest Physiotherapy for patients withmechanical ventilation; CPT-MV)に関するアンケート調査を行い,272施設から回答を得た(回収率57.9%)。そのうち,CPT-MVを行っていると答えた施設は176施設(64.7%)であった。CPT-MVを行う際に最もよく用いる手技としては呼吸介助法,スクイーズィング,四肢の関節可動域練習・筋力増強練習の順に多かった。過去1年間でCPT-MV中に人工呼吸器関連のトラブルがあったと答えた施設は104施設(59.1%)で,その内訳は,ファイティング,気道への結露流入,気道内圧上昇の順に多かった。また,人工呼吸器関連以外のトラブルでは,筋・肋骨・脊椎の疼痛や不快感,不整脈,呼吸困難,急激な血圧変動,低酸素血症の順に多かった。それらトラブル発生時には看護師や医師への報告は高率で行なわれていた一方で,事故報告書を作成している施設はわずかであった。272施設中,CPT-MVを行っていないと答えた施設は35.3%あり,今後CPT-MVの普及のためには医学的効果の証明と,啓発,理学療法士自身の知識と技術の向上の必要性が挙げられた。 / The purpose of this study was to identify chest physiotherapy techniques most often utilized by physiotherapists in Japan to patients with mechanical ventilation. Various troubles related to chest physiotherapy were also investigated. In each prefecture, ten hospitals where larger numbers of beds existed were selected and a questionnaire about chest physiotherapy for patients with mechanical ventilation (CPT-MV) was mailed to totally 470 hospitals. Two hundreds and seventy-two hospitals responded and the response rate was 57.9%. The CPT-MV was performed in 176 hospitals (64.7%). Chest physiotherapy techniques most often utilized were breathing assist, chest compression, joint range of motion exercise and muscle strengthening exercise. One hundred and four hospitals (59.1%) reported the troubles related to mechanical ventilation such as fighting, rising internal airway pressure and dewy inflow to airway during CPT-MV for past one year. Pain and discomfort of thoracic cage, arrhythmia, dyspnoea, blood pressure fluctuation and hypoxemia were also reported. On the other hand, physiotherapists made quite few incident reports when such troubles occurred. Responded physiotherapists suggested that scientific evidence of CPT-MV, enlightenment of CPT-MV and improvement of physiotherapist's knowledge are necessary for future CPT-MV popularization.
キーワード: 人工呼吸 / 呼吸理学療法 / 全国調査
URI: http://hdl.handle.net/10069/20954
ISSN: 02893770
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110003993107/
権利: 社団法人日本理学療法士協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/20954

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace