DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

呼吸理学療法を3年間継続した慢性呼吸器疾患患者における肺機能,運動耐容能,ADLスコアの経年的変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
rigaku31_1_15_20.pdf582.35 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 呼吸理学療法を3年間継続した慢性呼吸器疾患患者における肺機能,運動耐容能,ADLスコアの経年的変化
その他のタイトル: Effectiveness of 3-Year Pulmonary Rehabilitation on Pulmonary Function, Exercise Endurance and ADL Scores of Patients with Chronic Respiratory Disease
著者: 田中, 貴子 / 北川, 知佳 / 中ノ瀬, 八重 / 田所, 杏平 / 千佳, 秀明
著者(別表記) : Tanaka, Takako / Kitagawa, Chika / Nakanose, Yae / Tadokoro, Kyouhei / Senjyu, Hideaki
発行日: 2004年 2月20日
出版者: 社団法人日本理学療法士協会
引用: 理学療法学. 31(1), p.15-20: 2004
抄録: 慢性呼吸器疾患患者に対する呼吸理学療法の長期効果について検討する目的で,一定期間の集中的な呼吸理学療法終了後,2~3回/週の呼吸理学療法を3年間継続可能であった慢性呼吸器疾患患者20例の肺機能,6分間歩行距離,ADLスコアの経年的変化と疾患・重程度別で年間あたりの変化量を比較検討した。その結果,経年的変化は1秒率のみ有意に低下していたものの,他の肺機能検査項目は維持されていた。また年間変化量は疾患および重症度の違いによる有意な差は認められなかった。このことから呼吸理学療法の継続は,疾患,重症度に関係なく肺機能,6分間歩行距離,ADLを維持することができ長期的効果があるものと示唆された。集中的な呼吸理学療法終了後もその効果を維持するためには呼吸理学療法の継続が重要であると思われる。 / Pulmonary rehabilitation is one of the most important components of comprehensive care for chronic respiratory disease, but the long-term effectiveness of pulmonary rehabilitation has rarely been reported. The purpose of this study was to evaluate the long-term effectiveness of pulmonary rehabilitation for patients with chronic respiratory disease. Twenty patients with chronic respiratory disease (mean age 69.2 yr) underwent concentrated pulmonary rehabilitation, and continued to practice 2 or 3 times per week for 3 years. They were evaluated using pulmonary function tests, a 6-minute walking distance test and activity of daily living score every year. We examined the changes in each parameter yearly, in addition to differences in symptoms and seriousness of the disease. The patients' FEV_<1.0%> decreased significantly (p<0.01), but the other parameters of pulmonary function tests were kept unchanged. The 6-minute walking distance test and activity of daily living score were maintained over the three years. These results indicate that continued practice of the exercises can maintain the effectiveness of pulmonary rehabilitation.
キーワード: 呼吸理学療法 / 慢性呼吸器疾患 / 経年的変化
URI: http://hdl.handle.net/10069/21177
ISSN: 02893770
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110003994126/
権利: 社団法人日本理学療法士協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21177

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace