DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

不動によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮に対する持続的伸張運動と間歇的伸張運動の影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
rigaku34_3_88_94.pdf1.15 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 不動によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮に対する持続的伸張運動と間歇的伸張運動の影響
その他のタイトル: The Effect of Prolonged Versus Intermittent Stretch on Disuse Atrophy of Immobilized Rat Muscles
著者: 荒木, 景子 / 沖田, 実 / 吉田, 大輔 / 森, まどか / 福田, 幸子 / 中村, 眞須美 / 坂本, 淳哉 / 片岡, 英樹 / 中野, 治郎
著者(別表記) : Araki, Keiko / Okita, Minoru / Yoshida, Daisuke / Mori, Madoka / Fukuda, Sachiko / Nakamura, Masumi / Sakamoto, Junya / Kataoka, Hideki / Nakano, Jiro
発行日: 2007年 6月20日
出版者: 社団法人日本理学療法士協会
引用: 理学療法学. 34(3), p.88-94: 2007
抄録: 本研究の目的は,不動によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮に対する持続的伸張運動と間歇的伸張運動の影響を比較検討することである。Wistar系雄ラット39匹を対照群10匹と足関節を最大底屈位でギプス固定する実験群29匹に分け,実験群はさらに固定のみの群(固定群,n=10),固定期間中に持続的伸張運動を行う群(持続伸張群,n=9),固定期間中に間歇的伸張運動を行う群(間歇伸張群,n=10)に振り分けた。そして,ギプス固定開始から2週後,4週後に各群任意のラットからヒラメ筋,足底筋を摘出し,組織化学的検索に供した。その結果,ギプス固定2週後においては両筋ともにすべての筋線維タイプの平均筋線維直径は固定群,持続伸張群,間歇伸張群の間に有意差を認めなかった。一方,4週後のヒラメ筋ではタイプI・II線維の平均筋線維直径は固定群と持続伸張群に有意差はなく,間歇伸張群はこの2群より有意に高値を示した。また,足底筋のすべての筋線維タイプの平均筋線維直径は固定群より持続伸張群,間歇伸張群は有意に高値で,この2群間には有意差を認めなかった。以上のことから,不動によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮の進行抑制には,持続的伸張運動より間歇的伸張運動の方が効果的であることが示唆された。 / The current study investigated the effect of prolonged versus intermittent stretch on disuse atrophy of skeletal muscles in rats. Thirty-nine male Wistar rats were divided into control (n=10), and experimental (n=29) groups. Experimental rats were further sub-divided into three groups: immobilization alone (Group I; n=10), prolonged stretch training (30min/day, 6days/week) during immobilization (Group PS; n=9), and intermittent stretch training during immobilization (Group IS; n=10). Control rats were maintained on normal cage activity. Both ankles of rats in all experimental groups were immobilized by placement of a cast in full plantar flexion. Half of the rats in each experimental group were immobilized for two weeks and the other half for four weeks, after which the soleus and plantaris muscles were extracted and then prepared for histochemical study. No difference in the muscle fiber diameter for all fiber types was observed in either muscle in the three experimental groups following two weeks of immobilization. Following four weeks of immobilization, soleus muscle fiber diameter for all fiber types did not significantly differ from that in the Group PS rats, while Group PS soleus muscle fiber diameter was significantly greater than that of rats in the Group I and IS groups. Plantaris muscle fiber diameter for all type fibers in rats from both Group PS and Group IS was significantly greater compared with Group I, but no difference between PS and IS plantaris fiber diameter existed. These results suggest that intermittent stretch may be more effective in preventing disuse atrophy of immobilized rat muscles than prolonged stretch.
キーワード: 廃用性筋萎縮 / 持続的伸張運動 / 間歇的伸張運動
URI: http://hdl.handle.net/10069/21287
ISSN: 02893770
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110006317701/
権利: 社団法人日本理学療法士協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21287

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace