DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 21, No. 1 >

職場のメンタルヘルスの現状と問題点


File Description SizeFormat
hoken_21_1_01.pdf5.13 MBAdobe PDFView/Open

Title: 職場のメンタルヘルスの現状と問題点
Other Titles: Current Status and Problems of Mental Health in the Workplace
Authors: 太田, 保之 / 稲富, 宏之 / 田中, 悟郎
Authors (alternative): Ohta, Yasuyuki / Inadomi, Hiroyuki / Tanaka, Goro
Issue Date: Nov-2008
Citation: 保健学研究. 2008, 21(1), p. 1-10
Abstract: 日本の産業構造の変化にともなって,職業性ストレスが増大し,職業生活上で強いストレス・不安・悩みを感じている労働者は60%を超えている.このような状況を背景に,うつ病などの精神疾患による休職者数,労災認定者数および自殺者数の増加などが深刻な社会的問題となっている現状を紹介した.また,日本における産業精神保健活動の流れを概観し,精神疾患で休職した労働者の復職に際して,産業医(産業保健スタッフ)と主治医(精神科医等)の立場の差異から生ずる問題点とその問題点解決への方向性に関して解説を行った.
Keywords: 職業性ストレス / メンタルヘルス不調 / うつ病 / 復職支援
URI: http://hdl.handle.net/10069/21289
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 21, No. 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/21289

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace