DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 21, No. 1 >

児童虐待におけるいわゆる「18才問題」の現状と課題


File Description SizeFormat
hoken_21_1_29.pdf128.33 kBAdobe PDFView/Open

Title: 児童虐待におけるいわゆる「18才問題」の現状と課題
Other Titles: States and assignmentes for over 18years old youth who was victim of child abuse
Authors: 花田, 裕子 / 永江, 誠治
Authors (alternative): Hanada, Hiroko / Nagae, Masaharu
Issue Date: Nov-2008
Citation: 保健学研究. 2008, 21(1), p. 29-32
Abstract: 本研究の目的は,18才以上の青年期の虐待被害者の支援体制の実態を明らかにして,自立支援システムの課題を明らかにすることである。全国の児童相談所および児童虐待防止センターに郵送法による現状と課題について調査を実施した。 その結果,児童福祉法および児童の虐待防止等の法律の適応対象外の18以上の保護の事例の経験があった施設は回答の32%,保護後に18才になった事例が35%であった(保護後処遇未定の状態)。法的な根拠がない状態にある18才以上の事例は,多様な施設がそれぞれの状況の中で対応している実態が明らかになった。自立支援は18才を超えて必要な事例が多いことも明らかになった。
Keywords: 児童虐待 / 青年期 / 自立支援
URI: http://hdl.handle.net/10069/21293
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 21, No. 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/21293

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace