DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第21巻 第1号 >

児童虐待におけるいわゆる「18才問題」の現状と課題


ファイル 記述 サイズフォーマット
hoken_21_1_29.pdf128.33 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 児童虐待におけるいわゆる「18才問題」の現状と課題
その他のタイトル: States and assignmentes for over 18years old youth who was victim of child abuse
著者: 花田, 裕子 / 永江, 誠治
著者(別表記) : Hanada, Hiroko / Nagae, Masaharu
発行日: 2008年11月
引用: 保健学研究. 2008, 21(1), p. 29-32
抄録: 本研究の目的は,18才以上の青年期の虐待被害者の支援体制の実態を明らかにして,自立支援システムの課題を明らかにすることである。全国の児童相談所および児童虐待防止センターに郵送法による現状と課題について調査を実施した。 その結果,児童福祉法および児童の虐待防止等の法律の適応対象外の18以上の保護の事例の経験があった施設は回答の32%,保護後に18才になった事例が35%であった(保護後処遇未定の状態)。法的な根拠がない状態にある18才以上の事例は,多様な施設がそれぞれの状況の中で対応している実態が明らかになった。自立支援は18才を超えて必要な事例が多いことも明らかになった。
キーワード: 児童虐待 / 青年期 / 自立支援
URI: http://hdl.handle.net/10069/21293
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21293

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace