DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第11巻 第1号 >

umu試験による長崎県の底質及び水質の遺伝子毒性評価


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo11_1_1.pdf736.58 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: umu試験による長崎県の底質及び水質の遺伝子毒性評価
その他のタイトル: Evaluation of Genotoxicity by the umu-test of Sediment and River Water in Nagasaki, Japan
著者: 伊藤, 剛史 / 久保, 隆 / 高尾, 雄二
著者(別表記) : Ito, Takeshi / Kubo, Takashi / Takao, Yuji
発行日: 2008年 9月30日
引用: 長崎大学総合環境研究. 2008, 11(1), p. 1-7
抄録: Genotoxicities of sediment from three rivers in Nagasaki, Japan were evaluated by the umu-test. The sediment of the Urakami river, which wastewater treatment plant (WTP) effluent flow in, indicated genotoxic activity. The river water of the same site also indicated genotoxicity. Comparing the values per unit weight, the genotoxicity of the sediment was 33 times higher than the river water. On the other hand, the genotoxicity of sediment which WTP effluent flow in was 2.5 times higher than that of sediment with relatively high polycyclic aromatic hydrocarbons from bay.
キーワード: genotoxicity / sediment / umu-test / WTP effluent
URI: http://hdl.handle.net/10069/21336
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21336

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace