DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第11巻 第1号 >

中島栄次郎と保田与重郎の「不安」-「近代の超克」再考(その4)-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo11_1_45.pdf328.34 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 中島栄次郎と保田与重郎の「不安」-「近代の超克」再考(その4)-
その他のタイトル: Rethinking of "the Attempt to Overcome the Modem"
著者: 菅原, 潤
著者(別表記) : Sugawara, Jun
発行日: 2008年 9月30日
引用: 長崎大学総合環境研究. 2008, 11(1), p. 45-51
抄録: A main member of the review Cogito Nakajima Eijiro is regarded as the bridge between Yasuda Yojuro and Kamei Katsuichiro. Nakajima's essay "The Spirit of Realisml1 asserts that the move from Shestov's anxiety to impression should inspire creative powers. While he tries to construct theories about material languages based on the assertion, Yasuda conceives a plan of the history of Japanese ideas in the name of the spirit of anxieties.
キーワード: realism / anxiety / impression
URI: http://hdl.handle.net/10069/21341
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21341

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace