DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第87巻 第1号 >

現代会計システムの論理統合


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005073109.pdf1.66 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 現代会計システムの論理統合
その他のタイトル: Logic Integration of the Contemporary Accounting System
著者: 上野, 清貴
著者(別表記) : Ueno, Kiyoaka
発行日: 2007年 6月
引用: 經營と經濟. 2007, 87(1), p. 1-47
抄録: The purpose of this paper is to integrate various contemporary accounting systems logically and build a general form of the accounting system. It is the accounting system that applies real option value as a valuation basis and earning power unit as a measurement unit, uses market related discount rate as a discount rate of valuation basis and weighted average cost of capital as a discount rate of measurement unit, and considers changes of the capital structure. This general form of contemporary accounting system is called as the contemporary fair value accounting which can evaluate properly both the corporate performances and the corporate values.
URI: http://hdl.handle.net/10069/21364
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第87巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21364

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace