DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教育科学 > 第72号 >

児童生徒の特性からみた生徒指導の質的改善 : 高校生の攻撃性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005073051.pdf564.95 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 児童生徒の特性からみた生徒指導の質的改善 : 高校生の攻撃性について
その他のタイトル: Qualitative Improvement of Student Guidance from the Viewpiont of Special Characteristics of Pupils and Students : Aggressiveness of High School Students
著者: 朝長, 昌三 / 福井, 昭史 / 地頭薗, 健司 / 小島, 道生 / 中村, 千秋 / 小原, 達朗 / 柳田, 泰典
著者(別表記) : Tomonaga, Shozo / Fukui, Akifumi / Jitozono, Kenji / Kojima, Michio / Nakamura, Chiaki / Obara, Tatsuro / Yanagida, Yasunori
発行日: 2008年 3月
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学, Vol.72, pp.37-48; 2008
抄録: 本研究の目的は,高校生の攻撃性を身体的攻撃,言語的攻撃,短気および敵意から検討し,以下のような結果を得た。(1)男子生徒の攻撃性 1)全学年の攻撃性 (1)身体的攻撃が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い身体的攻撃」の割合が最も大で, 25%であった。(3)1要因型は46%で, 4要因型は1%であった。2)1年生の攻撃性 (1)身体的攻撃が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い身体的攻撃」の割合が最も大で, 21%であった。(3)1要因型は43%で, 4要因型は1%であった。3)2年生の攻撃性 (1)身体的攻撃が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い身体的攻撃」の割合が最も大で, 26%であった。(3)1要因型は47%で, 4要因型は1%であった。 4)3年生の攻撃性 (1)身体的攻撃が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては, 「強い身体的攻撃」の割合が最も大で, 26%であった。(3)1要因型は47%で, 4要因型は1%であった。(2)女子生徒の攻撃性 1)全学年の攻撃性 (1)敵意が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い敵意」の割合が最も大で, 21%であった。(3)1要因型は43%で, 4要因型は1%であった。2) 1年生の攻撃性 (1)敵意が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い敵意」の割合が最も大で, 17%であった。(3)1要因型は39%で, 4要因型は1%であった。3) 2年生の攻撃性 (1)敵意が最も大で,統計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い敵意」の割合が最も大で, 26%であった。(3)1要因型は49%で, 4要因型は2%であった。4) 3年生の攻撃性 (1)敵意が最も大で,耗計的にも有意であった。(2)「強い攻撃性」に関しては,「強い敵意」の割合が最も大で, 22%であった。(3)1要因型は40%で, 4要因型は.4%であった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/21417
ISSN: 13451375
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第72号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21417

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace