DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第76号 >

運動鍛錬者の喫煙習慣が手指の寒冷血管拡張反応に及ぼす影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005073194.pdf311.43 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 運動鍛錬者の喫煙習慣が手指の寒冷血管拡張反応に及ぼす影響
その他のタイトル: Effects of habitual smoking on cold-induced vasodilation in trained athletes
著者: 管原, 正志
著者(別表記) : Sugawara, Masashi
発行日: 2008年 3月
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学, Vol.76, pp.21-26; 2008
抄録: The effects of habitual smoking in athletes were evaluated by comparing cold-induced vasodilation(CIVD) between smoking and non-smoking athletes. The finger skin temperature generally decreases when the hand is exposed to cold, but CIVD, i.e., the increase in the finger skin temperature due to dilation of arteriovenous anastomoses, is known to occur with gradual decreases in sympathetic activities, which regulate vascular movements. The finger temperature before coldwater immersion, mean finger skin temperature, and resistance index were higher in non-smokers than in smokers. These results suggest that habitual smoking exerts negative effects on CIVD, which is an index of local resistance to cold.
URI: http://hdl.handle.net/10069/21425
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第76号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21425

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace