DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 環境科学部創立10周年記念特別号 >

超克論の原点としての生田長江 : 「近代の超克」再考(その2)(環境科学部創立10周年記念特別号)


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005073001.pdf617.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 超克論の原点としての生田長江 : 「近代の超克」再考(その2)(環境科学部創立10周年記念特別号)
その他のタイトル: Rethinking of "The Attempt to Overcome the Modern"(2)(SPECIAL ISSUE CELEBRATING TEN YEARS OF ESTABLISHMENT OF FACULTY OF ENVIRONMENTAL STUDIES)
著者: 菅原, 潤
著者(別表記) : Sugawara, Jun
発行日: 2007年 8月
引用: 長崎大学総合環境研究. 2007, 環境科学部創立10周年記念特別号, p. 149-155
抄録: Choko Ikuta (1882-1936) is regarded as the pioneer of the attempt to overcome the Modern because his major book "The Postmodern Declaration" ("Cho Kindaiha Senen") insists on overcome of the struggle between capitalism and communism and this issue is the same thing as Yojuro Yasuda, the leader of the Japan romantic school, asserts. Katsuichiro Kamei, who belongs to this group, thinks about the different thing from Ikuta and Yasuda's one. The programm of conquering the Modern for Kamei is none other than the negation of communism. This disagreement with the concept of overcoming the Modern is handed over to the opposition between Hideo Kobayashi, Tetsujiro Kawakami and Kamei at conservation on this even concept.
キーワード: overcome / capitalism / communism
URI: http://hdl.handle.net/10069/21469
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:環境科学部創立10周年記念特別号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21469

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace