DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

拡張相肥大型心筋症による難治性心室頻拍に対し心筋切除術が著効した1例


ファイル 記述 サイズフォーマット
110006343631.pdf1.05 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 拡張相肥大型心筋症による難治性心室頻拍に対し心筋切除術が著効した1例
その他のタイトル: A Case of Refractory Sustained Ventricular Tachycardia with Dilated-Phase Hypertrophic Cardiomyopathy Treated by Left Ventriculotomy
著者: 泉, 賢太 / 江石, 清行 / 橋詰, 浩二 / 多田, 誠一 / 山根, 健太郎 / 高井, 秀明 / 谷川, 和好 / 三浦, 崇 / 中路, 俊
著者(別表記) : Izumi, Kenta / Eishi, Kiyoyuki / Hashizume, Kouji / Tada, Seiichi / Yamane, Kentaro / Takai, Hideaki / Tanigawa, Kazuyoshi / Miura, Takashi / Nakaji, Shun
発行日: 2007年 7月
出版者: 日本心臓血管外科学会
引用: 日本心臓血管外科学会雑誌, 36(4), pp. 184-187; 2007
抄録: 症例は 63歳,男性.20年前より肥大型心筋症(HCM)として加療されていた.2年前より,抗不整脈薬投与にもかかわらず心室頻拍(VT)をくり返し,ICD(implantable cardioverter defibrillator)植込み術を施行した.また,拡張相肥大型心筋症の病態を呈していた.その後もVTをくり返しICDが頻回に作動した.薬剤抵抗性であり,アブレーションを行うため,EPS(electrophysiological study)を施行した.CARTO system(electroanatomical mapping system)によるactivation mapでは,VTは左室後側壁の一部を最早期興奮部位として周囲に広がった.心内膜下から計2回のアブレーションでもVTは停止せず,起源は心外膜側のリエントリーと考えられ,左室後側壁部分切除術を施行した.術後,VTの出現はなくなった.心外膜側起源と考えられた拡張相肥大型心筋症による薬剤抵抗性の VTに心筋切除が著効した症例を経験したので報告する. / A 63-year-old man had been receiving medical treatment for hypertrophic cardiomyopathy (HCM) for 20 years. Sustained ventricular tachycardia (VT) had often occurred over the previous 2 years in spite of the administration of antiarrhythmic drugs. He therefore received an implantable cardioverter defibrillator (ICD). However, his symptoms did not improve thus dilated-phase HCM was diagnosed. Because sustained VT often occurred subsequently, the ICD had to be frequently used. An electrophysiological study (EPS) using the CARTO electroanatomical mapping system revealed the earliest activation site to be in the posterolateral wall of the left ventricle (LV). VT did not stop despite 2 endocardial catheter ablation procedures. Therefore, the VT foci was thought to be a reentry circuit on the epicardial side of the posterolateral LV wall. A part of the posterolateral LV wall that involved the reentry circuit was therefore resected. Since undergoing this surgical procedure, the patient has experienced no recurrence of VT during a follow-up period of 14 months.
キーワード: 拡張相肥大型心筋症 / 難治性心室頻拍 / 心筋切除術 / 心内外膜アブレーション
URI: http://hdl.handle.net/10069/21537
ISSN: 02851474
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110006343631
権利: 日本心臓血管外科学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21537

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace