DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 090 生産科学研究科 > 090 学術雑誌論文 >

Habitat Utilization of Largemouth Bass around a Set Net


ファイル 記述 サイズフォーマット
fs41_3_251_255.pdf468.95 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Habitat Utilization of Largemouth Bass around a Set Net
その他のタイトル: エリ周辺におけるオオクチバスのテレメトリー追跡
著者: Mitsunaga, Yasushi / Kawai, Syunsuke / Komeyama, Kazusoshi / Matsuda, Masanari / Yamane, Takeshi
著者(別表記) : 光永, 靖 / 河合, 修輔 / 米山, 和良 / 松田, 征也 / 山根, 猛
発行日: 2005年 2月15日
出版者: The Japanese Society of Fisheries Engineering / 日本水産工学会
引用: Fisheries engineering, 41(3), pp,251-255; 2005
抄録: To increase catch efficiency, it is necessary to understand the habitat utilization of the target fish around fishing gear. A biotelemetry study using coded ultrasonic transmitters and set receivers was conducted to understand the habitat utilization of largemouth bass around a set net in Lake Biwa, Japan. Three receivers were installed on leader nets of the set net at short intervals by design to understand the fine scale movement of fish. Four fish were implanted with a coded ultrasonic transmitter and released near the set net. Two fish were monitored for over 50 days and showed diurnal habits. Just before the fish left the set net. the main current direction was southwestward and the current velocity was over 5m/sec. In a set net fishery, current profile is an important factor affecting the concentration and dispersion of the target fish. / 琵琶湖固有の定置網であるエリ周辺で,コード化超音波発信機と設置型受信機を用いてオオクチバスを追跡した。オオクチバス4尾(TL : 34.0~37.0cm)の腹腔内に受信機(Coded V8SCL, VEMCO製)を埋め込み,エリの中心に放流した。エリの垣網に設置型受信機(VR2. VEMCO製)3台を250mと敢えて間隔を狭めて仕置し,詳細な移動を把握した。50日以上追跡した2尾は, 10℃以下の低水温にも関わらず,昼間にエリから遠ざかり,夜間にエリに近づく日周移動を示した。同時にエリ周辺に設置した流向流速計の記録から,5m/sec以上の南西流が卓越した後,個体はエリから遠ざかったことが分かった。受動型漁具である定置網の漁獲には対象魚の移動と周辺の流動環境が密接に関わっていると考えられる。
キーワード: Largemouth bass / Telemetry / Ultrasonic transmitter / Set net / オオクチバス / テレメトリー / 超音波発信機 / エリ / 定置網
URI: http://hdl.handle.net/10069/21540
ISSN: 09167617
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110006279683/
権利: 日本水産工学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:090 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21540

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace