DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

慢性閉塞性肺疾患としての検査中に診断された慢性肺血栓塞栓症の2例


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJRS47_16.pdf1.16 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 慢性閉塞性肺疾患としての検査中に診断された慢性肺血栓塞栓症の2例
その他のタイトル: Two cases of chronic pulmonary thromboembolism diagnosed clinically as chronic obstructive pulmonary disease / (短縮表題) COPD の検査中に診断された慢性肺血栓塞栓症の2例
著者: 土田, 朋子 / 岩田, 敦子 / 廣瀬, 裕子 / 深堀, 範 / 河野, 哲也 / 福島, 千鶴 / 松瀬, 厚人 / 河野, 茂
著者(別表記) : Tsuchida, Tomoko / Iwata, Atsuko / Hirose, Hiroko / Fukahori, Susumu / Kawano, Tetsuya / Fukushima, Chizu / Matsuse, Hiroto / Kohno, Shigeru
発行日: 2009年 1月
出版者: 日本呼吸器学会
引用: 日本呼吸器学会雑誌, 47(1), pp.16-22; 2009
抄録: 慢性閉塞性肺疾患(COPD)としての検査中に診断された慢性肺血栓塞栓症の2例を報告する.症例1は喫煙歴のない69歳女性で労作時呼吸困難が持続し,閉塞性換気機能障害と胸部CTの気腫性変化からCOPDと診断されていた.増悪する呼吸困難の精査目的に入院中に,肺換気血流シンチと肺動脈造影で慢性肺血栓塞栓症と診断された.症例2は喫煙歴を有する70歳男性で労作時呼吸困難が持続しCOPDの診断で抗コリン薬の吸入治療を開始されるも改善しなかったため精査を行った.II型呼吸不全と胸部CT上気腫性変化は認められたが,閉塞性換気機能障害は認められなかった.肺換気血流シンチと肺動脈造影で慢性肺血栓塞栓症と診断された.これらの症例のように,慢性肺血栓塞栓症はCOPDに合併した場合診断が難しく,又COPDに類似した症状・所見を示すことも多く,症状が進行するCOPDの診療を行なう際に念頭に置くべき重要な疾患と考えられため報告する. / Two cases of chronic pulmonary thromboembolism accidentally diagnosed in the clinical evaluation of COPD are reported. Case 1, a 69-year-old woman who had never smoked, was given a diagnosis of COPD since she had exertional dyspnea with obstructive pulmonary dysfunction and multiple low attenuation areas on her chest CT. Pulmonary ventilation and perfusion scintigram showed mismatched defects and as chronic pulmonary thromboembolism (CPTE) was finally diagnosed. Case 2, a 70-year-old former smoking man had also been previously given a diagnosis of COPD. He had exertional dyspnea, hypoxemia and multiple low attenuation areas in chest CT. Nonetheless his pulmonary function was normal. Pulmonary ventilation and perfusion scintigram showed mismatched defects and pulmonary angiography identified a floating thrombus in the pulmonary artery. Thus he CPTE was diagnosed. The diagnosis of CPTE in COPD is not easy. Physicians should recognize that CPTE can be associated with COPD and perform further examinations including pulmonary ventilation and perfusion scintigram when patients do not show typical results and/or adequately respond to conventional therapy for COPD.
キーワード: 慢性閉塞性肺疾患 / 慢性肺血栓塞栓症 / 肺換気血流シンチ / Chronic obstructive pulmonary disease / Chronic pulmonary thromboembolism / Pulmonary ventilation and perfusion scintigram
URI: http://hdl.handle.net/10069/21815
ISSN: 13433490
PubMed ID: 19198230
権利: (c) 2009 日本呼吸器学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21815

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace