DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第88巻 第4号 >

財政の持続可能性に関する考察-成長率・利子率論争と時系列データによる検定のサーベイ-


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizai88_4_65.pdf248.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 財政の持続可能性に関する考察-成長率・利子率論争と時系列データによる検定のサーベイ-
その他のタイトル: An Essay on Fiscal Sustainability: Dynamic Efficiency and Time Series Estimation Revisited
著者: 吉岡, 真史
著者(別表記) : Yoshioka, Shinji
発行日: 2009年 3月25日
引用: 經營と經濟. 2009, 88(4), p.65-78
抄録: From late 1990s in Japan, the central government remarks a huge fiscal deficit and the primary balance has been set to one of the governmental targets. This paper explore some discussion on the dynamic efficiency, which describes relationship between the interest rate and growth rate at the Council on Economic and Fiscal Policy and surveys methodology on estimating government fiscal sustainability using time series data, mainly developed by Hamilton and Flavin (1986).Finally, some points related to Monte Carlo simulation method to calculate gamble probability developed by Ball et al.(1998).
キーワード: Fiscal Sustainability / Government Debt / Time Series Testing / Monte Carlo Estimation / Ricardian Equivalence
URI: http://hdl.handle.net/10069/21844
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第88巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21844

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace