DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 学術雑誌論文 >

市販の銀粉を用いる近赤外励起フーリエ変換-表面増強ラマン散乱スペクトルの測定


ファイル 記述 サイズフォーマット
BunsekiKagaku53_79.pdf364.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 市販の銀粉を用いる近赤外励起フーリエ変換-表面増強ラマン散乱スペクトルの測定
その他のタイトル: Measurement of NIR-SERS using commercial silver powder
著者: 内田, 太郎 / 樋口, 精一郎
著者(別表記) : Uchida, Taro / Higuchi, Seiichiro
発行日: 2004年 2月
出版者: 日本分析化学会
引用: 分析化学, 53(2), pp. 79-84; 2004
抄録: 本研究では,市販の銀粒子を用いて簡便に近赤外励起フーリエ変換-表面増強ラマン散乱(FT-SERS)スペクトルを得る方法を示した.この方法を用い て,置換位置の異なる2種類の構造異性体のピリジン系試料を用いて,近赤外領域において希薄溶液のSERSスペクトルの測定を行った.この方法によって得 られスペクトルは通常のラマンスペクトルにより得られたものの約10^3倍の増強であり,定量を可能にするには十分の強度であった.更に構造化学的に新し い知見を得ることを目的とし,得られたスペクトルの1600cm^<-1>付近の測定試料による信号波形の違いを強度的に評価を行った.その 結果,3位置換体の配座異性が1600cm^<-1>のショルダーを起こす主な原因と考えられ,ショルダーは配座異性の存在が環を構成する振 動の振動形自体が変化を起こさない程度の影響を与えるものと考えられた. / A new method has been proposed for easily obtaining the NIR-SERS spectrum using a commercial silver powder. The utility of this measurement method for enhanced Raman spectra due to the existence of silver particles for some compounds is presented. About 10^3 times enhancement was obtained by this method when compared with a usual Raman spectrometry. It was sufficiently sensitive for a quantitative determination of diluted samples. The spectral features of the method contrasts were considered in terms of a existence of different conformations of substituents.
キーワード: near infrared / FT-SERS / commercial silver powder / structural analysis / conformational isomers
URI: http://hdl.handle.net/10069/21885
ISSN: 05251931
DOI: 10.2116/bunsekikagaku.53.79
権利: The Japan Society for Analytical Chemistry (c) 2004
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:010 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21885

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace