DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

法と政治の「外部」―オートポイエティック・システム理論の射程


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_03.pdf1.92 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 法と政治の「外部」―オートポイエティック・システム理論の射程
その他のタイトル: Law, Politics and the "Outside" of them
著者: 馬場, 靖雄
著者(別表記) : Baba, Yasuo
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 81-102, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 81-102; 1995
抄録: 近年、法や政治を「オートポイエティック・システム」として捉えようとする、ニクラス・ルーマンの議論に対する批判が数多く登場してきている。それでは法や政治を自己完結的な(自己言及的に閉じられた)存在とみなすことになる。したがって、「世論」「道徳」「生活世界」といったより広いコンテクストに依拠して、「物象化」した法や政治を批判する可能性が排除されてしまうではないか。現代社会では、各システムの独立性(閉鎖性)の増大と同時に、外的コンテクストとのつながり(開放性)もますます重要になりつつあるはずである、と。だがオートポイエティック・システム理論の立場からすれば、開放性とは、各システムがそれぞれ閉じられている(共通点をもたない)がゆえに、相互に偶発的な契機を付与しうるところにのみ成立するのであり、その意味で開放性は閉鎖性の系なのである。むしろ「開放性」を強調する批判者たちのほうが、ある種の閉鎖性のうちに閉じ込められてしまっているのではないか。「法と生活世界」もまた自己完結的な「全体」として登場してこざるをえないのだから。この論点を、例えばケルゼン以来論じられてきた、「民主制の自己破壊」の問題に則して明らかにすることもできる。
キーワード: オートポイエーシス / 社会システムの閉鎖性と開放性 / 民主制の自己破壊 / 重層的決定 / 唯物論
URI: http://hdl.handle.net/10069/21908
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21908

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace