DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

都市・敷居論・遊歩者―ベンヤミンのパリ、ヘッセルのベルリン


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_06.pdf779.59 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 都市・敷居論・遊歩者―ベンヤミンのパリ、ヘッセルのベルリン
その他のタイトル: Die Stadt, die Schwellenkunde und der Flaneur―Paris bei Benjamin, Berlin bei Hessel
著者: 園田, 尚弘
著者(別表記) : Sonoda, Naohiro
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 147-156, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 147-156; 1995
抄録: ベンヤミンとヘッセルにとって二つの首都、パリとベルリンは生活のうえでも、作品のうえでも、決定的に重要な都市であった。ベンヤミンは未完の『パサージュ論』でパリととりくんだ。この作品は成立史的にみても、形式の面からみてもかれの作品を包括するものであった。ベンヤミンの作品の形式は神話的思惟と関係する敷居論とみなすことができる。『パサージュ論』の全体構想にも、遊歩者という個別のテーマにも敷居論の性質がみうけられる。ヘッセルは『ベルリン散歩』のなかでかれの遊歩論を展開している。ベルリンは遊歩に不適な都市であるが、ヘッセルは人間愛からこの術を学ばねばならないと主張する。偉大な「敷居学者」と評された著者の作品には、敷居に対する感覚が浸透している。
キーワード: 大都市―神話的形式としての敷居論―フラヌールの都市 / パリ―不断に変貌するベルリン
URI: http://hdl.handle.net/10069/21911
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21911

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace