DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

いくつかの離散的最適問題について


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_09.pdf617.71 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: いくつかの離散的最適問題について
その他のタイトル: On some discrete optimal problems
著者: 森川, 良三
著者(別表記) : Morikawa, Ryozo
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 185-195, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 185-195; 1995
抄録: まづ最適問題の特性,とくに離散的な問題について出てくる固有の難点について説明する.つぎに具体的ないくつかの問題をとりあげて議論する.たとえばつぎの問題:a個の処を円状に並べる.それらの処に点をいくつかづつ置いていく.yだけひきつづく処(y―弧という)に置かれた点の総数がx以下のとき適正という.まづ全部のy―弧(これはa個ある)が適正であるようにぎりぎりまで点を置く.いくつ置けるか?どう置けば良いか?更に点を置いていくと,適正でないy―弧(過剰弧という)がでてくる.過剰弧はなるべく少なく,また点はなるべく沢山置きたい.a,x,yを与えたとき,そのような適正弧の数と置ける点の数の組合せを全て列挙せよ.またそのためにはどう置けば良いか?これについては完全解が論文中にあたえられる.その解の構造は,いはば概周期構造というべきものである.この構造は(筆者の扱った)他の最適問題の解にもでてくる,興味ある構造である.理論構成において,数の幾何学や近似分数の性質が重要な役割を果たす.さらに,これと類似の問題や高次元への発展を扱う.
キーワード: 最適配置 / 離散数学 / 数の幾何学 / 近似分数 / 概周期構造
URI: http://hdl.handle.net/10069/21914
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21914

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace