DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

都市環境指標としての着生蘚苔類群落


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_15.pdf1.55 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 都市環境指標としての着生蘚苔類群落
その他のタイトル: Epiphytic bryophyte communities as an indicator of urban environment
著者: 中西, こずえ
著者(別表記) : Nakanishi, Kozue
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 289-299, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 289-299; 1995
抄録: 1.都市環境と蘚苔類群落との関係を知る目的で長崎市とその近郊において公園,神社,寺院,人家,大学キャンパスなどに植栽されているクスノキに着生する蘚苔類群落を調査した.2.3か所の調査地で無着生の状態が観察された.3.出現種数および反復平均法を用いて算出した環境指数は都市中心部ほど低く郊外に向かうにつれて高くなり,長崎市においても着生蘚苔類群落が都市化の指標として有効である事を確認した. / Epiphytic bryophyte communities developed on the bark of the evergreen tree: Cinnamomum camphora were studied in Nagasaki City and the adjacent area with the method of phytosociology. The data were analyzed by reciprocal averaging method. Both number of the species and the index of environment reduced gradually from surburbs to center of the urban area. It was proved that epiphytic bryophyte communities can be an indicator of urban environment.
キーワード: Cinnamomum camphora / epiphytic bryophyte community / index of environment / Nagasaki City / reciprocal averaging method
URI: http://hdl.handle.net/10069/21920
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21920

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace