DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

赤潮形成時における植物性プランクトンの細胞容積と細胞密度との関係


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_16.pdf466.42 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 赤潮形成時における植物性プランクトンの細胞容積と細胞密度との関係
その他のタイトル: Relationship between a cell volum and a cell density in red tide causative phytoplankton
著者: 松岡, 數充
著者(別表記) : Matsuoka, Kazumi
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 301-307, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 301-307; 1995
抄録: For reconstructing a past red tide caused by phytoplankton, we need following two parameters ; cyst formation index which shows how many cysts are produced by normal vegetative cells, and how many vegetative cells in minimum can make red-tide phenomema. In this paper, the relation between a cell volum and cell density was calicurated for clarifying cell desnity at the red-tide on the basis of previous data independently published in different literatures. The strong negative relation between two parameters was suggested.
キーワード: 渦鞭毛藻 / 生活史 / 休眠性接合子 / シスト / 赤潮 / 細胞密度 / 細胞容積 / Gymnodinium mikimotoi
URI: http://hdl.handle.net/10069/21921
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21921

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace