DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 長崎大学教養部創立30周年記念論文集 >

Against Bare Infinitive Complements as VP Small Clauses


ファイル 記述 サイズフォーマット
30Anniversary_20.pdf710.53 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Against Bare Infinitive Complements as VP Small Clauses
著者: Nishihara, Toshiaki
発行日: 1995年 3月27日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部創立30周年記念論文集, pp. 383-395, 1995 / Bulletin of the Faculty of Liberal Arts, 35 (Special issue), pp. 383-395; 1995
抄録: これまで生成文法研究では、動詞に後続する要素がどのような範疇を形成し、どのような統語的、意味的ふるまいをするのかが研究され、最近ではミニマリストプログラムの枠組での研究が進められている。本稿では、伝統的な枠組の中で知覚動詞や使役動詞に後続する補助部の特徴を分析する。ここで取り上げる動詞に後続する補助部は、小節と分析されてきたが、その統語的特徴からECM構文と同じIPであることを主張する。さらに、ここでの分析をとることでその他の関連した統語的特徴をも捉えられることを示したい。伝統的には、原形補助部と呼ばれてきた部分が一様にその統語的範疇をIPと分析することが可能であること、この分析をとることで数量詞の解釈やその他の統語的特徴をうまく説明できることを示すことになる。
キーワード: Bare infinitive complements / categorical status / small clause / IP / inflectional head
URI: http://hdl.handle.net/10069/21925
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:長崎大学教養部創立30周年記念論文集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21925

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace