DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第11巻 第2号 >

土壌汚染浄化における将来の土地利用用途の考慮と公法上の責任関係――アメリカ法からの示唆


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo_11_2_1.pdf1.44 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 土壌汚染浄化における将来の土地利用用途の考慮と公法上の責任関係――アメリカ法からの示唆
その他のタイトル: Site Cleanups, Future Land Use and Liability Allocation:A Note on the Implications of U.S. Legislations
著者: 赤渕, 芳宏
著者(別表記) : Akabuchi, Yoshihiro
発行日: 2009年 3月
引用: 長崎大学総合環境研究. 2009, 11(2), p. 1-18
抄録: Recently remediation goals (or site cleanup standards) based on the future land use anticipated at the site has been paid more attention to as one of the cost-effective ways to reduce environmental risks from contaminated sites, though originally were not introduced into the Japanese site cleanup law (the Soil Contamination Countermeasures Law; Dojo Osen Taisaku Ho). This article focuses on the U.S. legislations, CERCLA and some state laws supplementally, and analyzes how future land use is considered in the process of site cleanup, and how the cleanup liabilities are allocated among the relevant parties. This article then examines some implications the U.S. legal scheme would have for the discussion on the review of the Japanese law.
キーワード: CERCLA / the Soil Contamination Countermeasures Law (Japan) / future land use / cleanup standard / cleanup liability
URI: http://hdl.handle.net/10069/21966
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21966

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace