DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第11巻 第2号 >

保田与重郎と三木清におけるロマン主義-「近代の超克」再考(その5)-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo_11_2_47.pdf346.9 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 保田与重郎と三木清におけるロマン主義-「近代の超克」再考(その5)-
その他のタイトル: Rethinking of "the Attempt to Overcome the Modern" (5)
著者: 菅原, 潤
著者(別表記) : Sugawara, Jun
発行日: 2009年 3月
引用: 長崎大学総合環境研究. 2009, 11(2), p. 47-54
抄録: In "About Schestov’s Anxiety" Miki Kiyoshi ragards Schestov’s thought as the research for extraordinary rality. In this respect his interpretation is different from existentialistic one of Kamei Katsuichiro. And Miki asserts in "Ideology and Pathology" that pathetic elements should play more serious roles than ideologies, this issue influences Yasuda Yojuro’s romantic conceptions. While Miki criticizes that Yasudas romanticism floats between objecitivism and subjectivism, Miki’s proposal of pathos leads to mythical critics of Yasuda.
キーワード: pathology / romanticism / myth
URI: http://hdl.handle.net/10069/21970
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/21970

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace