DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第21巻 第2号 >

健常人において死腔負荷試験から呼吸筋酸素消費量を予測する方法の検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
hoken21_2_29.pdf617.21 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 健常人において死腔負荷試験から呼吸筋酸素消費量を予測する方法の検討
その他のタイトル: The new method of predicting an oxygen consumption of the respiratory muscles in normal subjects
著者: 上門, 亜矢子 / 山根, 主信 / 江口, 瑠美 / 千住, 秀明
著者(別表記) : Uejo, Ayako / Yamane, Kazumasa / Eguchi, Rumi / Senjyu, Hideaki
発行日: 2009年 3月
引用: 保健学研究 21(2): 29-33,2009
抄録: 呼吸筋酸素消費量の増加は慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患患者の息切れの原因の1つと考えられている.しかしその測定方法は確立しておらず,複雑な手順を要し,臨床において普及していないのが現実である.そこで今回,より簡便に測定する方法がないか検討するため,呼気ガス分析器に容量500mlと1000mlのゴムチューブを接続した死腔負荷による呼吸筋酸素消費量測定器を考案し,健常人(14名)を対象に実施した.その結果,死腔負荷量増加に伴い換気パラメーターは有意に増加し,換気量と酸素消費量は強い相関関係を示した.また,20~30代の健常人の呼吸筋酸素消費量は,0.14~0.15ml/kg/Lと推測された. / We developed a new method of predicting an oxygen consumption of the respiratory muscles. The new method’s apparatus consists of 500ml・1000ml plastic tube and an expiration gas analyzer. The purpose of this study was to investigate whether this new method is available or not. We tested this new method in 14 normal subjects. The more dead-space increased, the more parameter of ventilation increased. The predicted oxygen consumption of the respiratory muscles was 0.14~0.15 ml/kg/L.
キーワード: 死腔負荷 / 呼吸筋酸素消費量 / 健常人 / dead-space stimulation / oxygen consumption of the respiratory muscles / normal subjects
URI: http://hdl.handle.net/10069/22040
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22040

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace