DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教育科学 > 第73号 >

Death Consciousness in Germany, China and Japan by Association Method


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikukagaku73_1.pdf1.08 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Death Consciousness in Germany, China and Japan by Association Method
その他のタイトル: 連想法による、ドイツ、中国、日本における死の意識
著者: Kamizono, Kohtaro
著者(別表記) : 上薗, 恒太郎
発行日: 2009年 3月 1日
出版者: 長崎大学教育学部 / Nagasaki University, Faculty of Education
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学, Vol.73, pp.1-16; 2009
抄録: Free association tests using the concept "death" were carried out at high schools and universities in 3 cultural areas. The results are: 1) Responses expressing feeling are less common in China. In the Asian cities feeling ‘fear’ ranks first among response words, as opposed to ‘sorrow’ in Germany. 2) Recalling words about ceremony is frequent in Germany, but not in Japan or China. 3) The cause of death, especially ‘suicide’, is frequent in Japan but less so in Germany. 4) Explanations about death are frequent in Germany, but less so in Japan. Cultural differences should be considered in death education.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22089
ISSN: 13451375
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110007097678/
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第73号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22089

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace