DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教科教育学 > 第49号 >

Whether Tis Nobler to Normalize : Increasing Inter-evaluator Consistency in the Evaluation of Oral Communication Based Activities


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoukakyouiku49_93.pdf1.48 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Whether Tis Nobler to Normalize : Increasing Inter-evaluator Consistency in the Evaluation of Oral Communication Based Activities
著者: Inage, Itsuro / Lawn, Etsuko / Lawn, Murray
著者(別表記) : 稲毛, 逸郎 / ローン, 悦子 / ローン, マリー
発行日: 2009年 3月 1日
出版者: 長崎大学教育学部 / Nagasaki University, Faculty of Education
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教科教育学, vol.49, pp.93-102; 2009
抄録: When totaling evaluation scores in such as oral communication based activities in the case of multiple evaluators who have not been previously trained to given standards, a simple approach to increasing inter-evaluator consistency is the employment of normalization.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22122
ISSN: 13451383
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110007096106/
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第49号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22122

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace