DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

Linac based Radiosurgery


ファイル 記述 サイズフォーマット
110006687305.pdf1.21 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Linac based Radiosurgery
著者: 松尾, 孝之 / 林, 之茂 / 平尾, 朋仁 / 氏福, 健太 / 永田, 泉
著者(別表記) : Matsuo, Takayuki / Hayashi, Yukishige / Hirao, Tomohito / Ujihuku, Kenta / Nagata, Izumi
発行日: 2008年 6月
出版者: 日本脳神経外科コングレス
引用: 脳神経外科ジャーナル, 17(6), pp.449-454; 2008
抄録: Field-shaping technology and linac micro-multileaf collimator (MMLC) integration have contributed to the advance of Linac based radiosurgery. In many cases, the dose to surrounding structures can be reduced with a conformal static or dynamic arc approach as compared to conventional multiple isocenter and circular arc techniques. Thus, in Linac based radiosurgery, a fractionation technique is now available for selective cases. We reviewed the long-term results of conventional linac based radiosurgeries which were performed in our institute. The problems with conventional linac based radiosugery and future prospects were discussed. / Linac based radiosurgeryにおいては,円筒形のコリメーターを用いたmulti-isocenter法での照射が広く行われてきた.われわれの施設での長期経過観察例では,不整形ターゲットに対しこの方法を用いた場合,副作用の発現率が増加するという問題点があった.しかし,近年micro- multileaf collimator (MMLC)を用い不整形ターゲットに合わせ,ダイナミックに照射野を可変する方法が利用できるようになった.これにより,照射野内の線量の不均一性や周辺正常構造の被曝線量を減少させることができる.本報告では従来法の問題点と新しい照射法の導入後の展望について述べた.
キーワード: Linac based radiosurgery / multiple isocenter / micro-multileaf collimator / vestibral schwannoma / AVM
URI: http://hdl.handle.net/10069/22196
ISSN: 0917950X
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110006687305
権利: 日本脳神経外科コングレス / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22196

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace