DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

間歇的伸張運動と持続的伸張運動によるマウス ヒラメ筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果について


ファイル 記述 サイズフォーマット
SPTS_19_31.pdf1.54 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 間歇的伸張運動と持続的伸張運動によるマウス ヒラメ筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果について
その他のタイトル: Effects of Intermittent and Continuous Stretching Exercise on Prevention of Disuse Atrophy in Mouse Soleus Muscle
著者: 友利, 幸之介 / 中野, 治郎 / 沖田, 実 / 中居, 和代 / 大久保, 篤史 / 吉村, 俊朗
著者(別表記) : Tomori, Kounosuke / Nakano, Jiro / Okita, Minoru / Nakai, Kazuyo / Okubo, Atsushi / Yoshimura, Toshiro
発行日: 2004年 4月
出版者: 理学療法科学学会 / The Society of Physical Therapy Science
引用: 理学療法科学, vol.19(1), pp.31-35; 2004
抄録: 本研究の目的は,間歇的伸張運動と持続的伸張運動によるマウスヒラメ筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果を組織学的に比 較検討することである。8週齢のICR系雄マウス18匹を対照群6匹と後肢懸垂法を2週間実施する実験群12匹に振り分け,実験群はさらに後肢懸垂の期 間,右側ヒラメ筋に間歇的伸張運動を実施する群(間歇群,n=6)と同様に持続的伸張運動を実施する群(持続群,n=6)に分けた。また,これらの群の左 側後肢は後肢懸垂のみの群(懸垂群;n=12)とした。結果,間歇群,持続群の平均筋線維直径は懸垂群より有意に大きかったが,この2群間には有意差は認 められなかった。したがって,間歇的伸張運動,持続的伸張運動は,ともに廃用性筋萎縮の進行抑制に効果があることが示唆されたが,その効果には差はないと 推察された。
キーワード: 廃用性筋萎縮 / 間歇的伸張運動 / 持続的伸張運動
URI: http://hdl.handle.net/10069/22328
ISSN: 13411667
DOI: 10.1589/rika.19.31
権利: Copyright (c) 2004 by the Society of Physical Therapy Science
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22328

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace