DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

等尺性収縮時における肘関節角度が肘関節屈筋群の 筋疲労と筋出力に及ぼす影響


File Description SizeFormat
SPTS_19_121.pdf360.24 kBAdobe PDFView/Open

Title: 等尺性収縮時における肘関節角度が肘関節屈筋群の 筋疲労と筋出力に及ぼす影響
Other Titles: Effect of the Elbow Joint Posture on Elbow Flexor Fatigability and Muscle Strength during Isometric Contraction
Authors: 東, 登志夫 / 鶴崎, 俊哉 / 船瀬, 広三 / 沖田, 実 / 岩永, 竜一郎 / 野口, 義夫
Authors (alternative): Higashi, Toshio / Tsurusaki, Toshiya / Funase, Kozo / Okita, Minoru / Iwanaga, Ryoichiro / Noguchi, Yoshio
Issue Date: Jun-2004
Publisher: 理学療法科学学会 / The Society of Physical Therapy Science
Citation: 理学療法科学, vol.19(2), pp.121-125; 2004
Abstract: 等尺性収縮時における肘関節角度が肘関節屈筋群の疲労度合いと筋出力に及ぼす影響について検討した。被験者は,健常 成人9名とし,被験者全員に対してインフォームド・コンセントを得た。被験者には座位をとらせ,肩関節は0度とし,肩関節,骨盤及び大腿部をベルトにて固 定した。肘関節の肢位は,肘屈曲30, 60, 90, 120度の4条件に設定した。実験は,まず最大随意収縮時(maximum voluntary contraction;MVC)の筋出力値を筋力測定装置を用いて計測した。次に被験者に視覚的フィードバックを行いながら,等尺性収縮にて各条件の 50%MVCを60秒間以上保持させ,上腕二頭筋と腕橈骨筋から表面筋電図を計測した。筋疲労の指標には,表面筋電図の自己回帰パワースペクトル解析によ る周波数中央値を用いた。周波数中央値は,60秒間のデータを10秒ごとの6区間にわけ,それぞれの区間における周波数中央値を算出した。その結果,1) 最大筋出力が得られたのは,90度であった,2)周波数中央値は,時間経過とともに減少し,その減少度合いは肘関節の屈曲角度が大きくなる程大きい傾向に あった。これらの結果より,最大筋出力が得られる肘関節角度と疲労しにくい角度は異なることが示唆された。従ってセラピストが,運動肢位を決定する際に は,その点を十分考慮する必要があると思われる。
Keywords: 運動肢位 / 筋出力 / 筋疲労
URI: http://hdl.handle.net/10069/22329
ISSN: 13411667
DOI: 10.1589/rika.19.121
Rights: Copyright (c) 2004 by the Society of Physical Therapy Science
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22329

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace