DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

最大下肢伸展筋力および生活機能と30秒椅子立ち上がりテストの関連性


ファイル 記述 サイズフォーマット
SPTS_22_225.pdf398.62 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 最大下肢伸展筋力および生活機能と30秒椅子立ち上がりテストの関連性
その他のタイトル: Relationships between the 30-second Chair-Stand Test Given to Elderly People and the Maximum Extension Strength of Lower Limbs as well as the Functioning of Daily Living
著者: 中原, 和美
著者(別表記) : Nakahara, Kazumi
発行日: 2007年 7月
出版者: 理学療法科学学会 / The Society of Physical Therapy Science
引用: 理学療法科学, vol.22(2), pp.225-228; 2007
抄録: 30秒椅子立ち上がりテスト(以下,CS-30テスト)は,障害者や低体力者にも適用できる可能性があるが今までに実施した報告は少ない。そこで介護予防筋力向上トレーニング事業参加中の高齢者を対象に,CS-30テストと最大下肢伸展筋力と生活機能の関連性について検討した。測定実施時には支障となる関節痛や運動中止基準の自覚・他覚症状は見られず,安全に施行できた。結果,下肢最大筋力とCS-30テストは有意な正の相関を認めた(r=0.90,p<0.05)。また,老研式活動能力指標を用いた生活機能と有意な関連性は見られなかった(手段的自立 r=0.45,知的能動性 r=0.11,社会的役割 r=0.07)。高齢者の身体能力は個人差が大きく,また,今回は対象者が少ないが,虚弱高齢者に対する施行方法およびリスク管理の確認として今回の測定・調査は有用であったと思われる。
キーワード: 介護予防 / 筋力強化 / 生活機能
URI: http://hdl.handle.net/10069/22331
ISSN: 13411667
DOI: 10.1589/rika.22.225
権利: Copyright (c) 2007 by the Society of Physical Therapy Science
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22331

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace