DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

ONCHOCERCIASIS, A POSSIBLE ETIOLOGY OF ELEPHANTIASIS IN SOUTH-WEST ETHIOPIA


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJTMH1_25.pdf503.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ONCHOCERCIASIS, A POSSIBLE ETIOLOGY OF ELEPHANTIASIS IN SOUTH-WEST ETHIOPIA
その他のタイトル: エチオピア西南部における象皮病の一成因としてのオンコセルカ症
著者: Wonde, Teferra / Tada, Isao / Iwamoto, Isao
著者(別表記) : ウオンデ, テフェラ / 多田, 功 / 岩本, 功
発行日: 1973年 8月20日
出版者: 日本熱帯医学会 / Japanese Society of Tropical Medicine
引用: 日本熱帯医学会雑誌, vol.1(1), pp.25-29; 1973
抄録: A comparative study on dermal tissue and enlarged inguinal lymph nodes from subjects infected with O. volvulus is presented and the his to-pathological findings are discussed. The present data indicate that there could be causal relationship between onchocerciasis and elephantiasis in South-west Ethiopia, endemic focus of the onchocercal disease. The authors drew particular attention to the non-filarial etiology reported by other investigators in Ethiopia and assessed the two contradicting views known as the nonfilarial and filarial etiology of elephantiasis.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22357
ISSN: 03042146
権利: Japanese Society of Tropical Medicine
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22357

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace