DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

THE EFFECT OF SULFAMONOMETHOXINE ON FALCIPARUM MALARIA


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJTMH2_173.pdf389.56 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: THE EFFECT OF SULFAMONOMETHOXINE ON FALCIPARUM MALARIA
その他のタイトル: Sulfamonomethoxineの熱帯熱マラリアに対する効果について
著者: Murakami, Fumiya / Nakajima, Yasuo
著者(別表記) : 村上, 文也 / 中島, 康雄
発行日: 1974年12月15日
出版者: 日本熱帯医学会 / Japanese Society of Tropical Medicine
引用: 日本熱帯医学会雑誌, vol.2(3, 4), pp.173-179; 1974
抄録: 著者らは1971年ケニア,ナクルーのRift Valley Provincial Hospitalに入院した熱帯熱マラリア患者23例を対象としてSulfamonomethoxineを経口及び静注により投与しマラリア原虫に対する効果を検討した。その結果全例に原虫の消失がみられた。原虫陰転までの期間は経口法に比べ静注法が短い。又本剤はクロロキン不感受性株にもすぐれた効果を示した。サルファ剤のschizontocidal effectについて文献的考察を試みた。 / In this paper a report is made on 23 patients with falciparum malaria who were successfully treated with sulfamonomethoxine. Evidence has been presented: (1) that its effect on falciparum malaria is very remarkable, (2) that the intravenous administration is more effective than the oral one, (3) that also clinically chloroquine insensitive malaria responds to it, and (4) that no "relapse" is detected.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22361
ISSN: 03042146
権利: Japanese Society of Tropical Medicine
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22361

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace