DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

CORRELATION OF INFECTION RATE OF INTESTINAL HELMINTHS IN JAPANESE INHABITING TROPICAL COUNTRIES WITH DEGREE OF POLLUTION OF DRINKING WATER


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJTMH10_41.pdf419.13 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: CORRELATION OF INFECTION RATE OF INTESTINAL HELMINTHS IN JAPANESE INHABITING TROPICAL COUNTRIES WITH DEGREE OF POLLUTION OF DRINKING WATER
その他のタイトル: 世界各地の発展途上国に在留する邦人の腸管寄生虫感染率と飲料水水質検査成績との相関
著者: Fujita, Koichiro / Sugiyama, Masatoshi / Tsukidate, Setsuko / Okuwaki, Yoshiyuki / Ikeda, Teruaki / Oda, Tsutomu / Asakura, Takeo
著者(別表記) : 藤田, 紘一郎 / 杉山, 雅俊 / 月舘, 説子 / 奥脇, 義行 / 池田, 照明 / 小田, 力 / 朝倉, 健夫
発行日: 1982年 6月15日
出版者: 日本熱帯医学会 / Japanese Society of Tropical Medicine
引用: 日本熱帯医学会雑誌, vol.10(1), pp.41-48; 1982
抄録: 世界各地の,いわゆる発展途上国に在留する邦人の数は著しく増加している。それと同時に,各地でA型肝炎, 腸チフスやアメーパ赤痢まど重篤な経口感染症に罹患する邦人の数も増加している。我々は,その主な原因が飲料水の汚染にあると考え,世界各地の発展途上国の飲料水について,特に糞便汚染との関連について調査してきた。今回,飲料水の汚染と在留邦人の腸管内寄生虫感染率との関連について調べたので報告する。我々は,1979年4月から1980年12月までの聞に東南アジア,南西アジア,中近東,東アフリカおよび中南米の種々の国々を訪問し,飲料水を採取し,細菌学的および化学的水質検査を行なった。総数383検水について,まず過マンガン酸カリウム消費量が測定され,ついで一般細菌数および大腸菌群の数が調べられた。その結果,多かれ少なかれ,熱帯発展途上国の飲料水が糞便系汚染にさらされていることが判明した。そこで,水質検査と同時にこれらの飲料水を利用している邦人について,彼らの腸管内寄生虫感染率を調査した。各地に6カ月以上滞在している邦人の成人から小指頭大の糞便を採り,10%ホルマリン加パイアル瓶に入れて日本に持ち帰り, MGL集卵法にて糞便内寄生虫卵を検出した。また邦人の子供達を対象に,セロファン2回法による蟻虫検査を施行した。糞便からは主として蛔虫卵が見出され,その他鞭虫,無鉤条虫,肝吸虫などの卵が検出された。腸管内寄生虫感染率はインドネシア在留邦人に最も高く,次いで南西アジア,東アフリカ,中南米の順にまり,中近東のカタールでは全員陰性とまった。在留邦人のうちで,腸管寄生虫に感染している割合は,同地域の飲料水のうちで大腸菌群が検出された検水の割合と高い正の相聞を示した。すまわち,大腸菌群の検出頻度の高い飲料水を使用している在留邦人ほど,腸管寄生虫に多く感染しており,両者の相関係数はr=0.957であった。しかし,糞便内寄生虫卵陽性率と飲料水の過マンガン酸カリウム消費量との間には相関関係は見出せまかった。また,在留邦人の子供を対象に施行した蟯虫卵の陽性率は飲料水の汚染とは全く無関係であった。 / Many Japanese inhabit tropical countries, and some of them are suffering from infectious diseases. In order to know the relationship between the prevalence of these diseases and the degree of faecal pollution of the drinking water, we have examined the drinking water in these countries of the world, and at the same time we have studied the infection rate of intestinal helminths of the Japanese who stayed 6 months or more in these countries. In total over 300 samples of drinking water from countries of South East and South West Asia, Middle East, East Africa and Central and South America were tested with potassium permanganate consumed test, and number of coliform bacilli from the drinking water was counted after cultivation. Relatively high proportion of samples appeared to be polluted by faecal matters. Then, we checked parasite eggs in the stool samples of Japanese who used the water samples in the tropical countries actually. Eggs of Ascaris lumbricoides, Trichuris trichiura, Taenia saginata and Clonorchis sinensis were found among the Japanese. Infection rate of intestinal helminths was proved to be highest among Japanese in Indonesia, and the rate was followed by those of people in South West Asia, in East Africa and in Central and South America. The relationship between the infection rate of intestinal helminths and the degree of pollution of the drinking water was studied. Significant relationship was observed between the infection rate of intestinal parasites of the Japanese inhabitants and the rate of water containing 102 or more/ml of coliform and of total micro-organisms (r=0.957). However, no relationship between the infection rate of Enterobius vermicularis among the Japanese children there and the degree of the pollution of drinking water was found.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22376
ISSN: 03042146
権利: Japanese Society of Tropical Medicine
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22376

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace