DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

RAPID TITRATION OF RABIES VIRUS INFECTIVITY BY BIOTIN-AVIDIN-PEROXIDASE TECHNIQUE AND ITS APPLICATION TO VIRUS NEUTRALIZATION TEST


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJTMH10_245.pdf492.8 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: RAPID TITRATION OF RABIES VIRUS INFECTIVITY BY BIOTIN-AVIDIN-PEROXIDASE TECHNIQUE AND ITS APPLICATION TO VIRUS NEUTRALIZATION TEST
その他のタイトル: ビオチン,アビジン,ペルオキシダーゼ法(免疫酵素抗体法)による狂犬病ウイルス感染価の迅速測定法とそのウイルス中和抗体測定への応用
著者: Shichijo, Akehisa / Mifune, Kumato / Lin, Whei Jun
著者(別表記) : 七篠, 明久 / 三舟, 求真人 / 林, 慧君
発行日: 1982年12月15日
出版者: 日本熱帯医学会 / Japanese Society of Tropical Medicine
引用: 日本熱帯医学会雑誌, vol.10(3, 4), pp.245-251; 1982
抄録: マイクロスライドチェンパーを使用し,免疫酵素抗体法(ピオチン,アピジン,ベロキシダーゼ法)による狂犬病ウイルス感染価およびウイルス中和抗体価の迅速測定法を確立した。この方法は迅速であるのみならず,感度,再現性も優れており,従来から使用されている螢光抗体法に代って狂犬病の迅速診断あるいは血清疫学に有用な新らしい方法となるものである。 / The rapid titration method of the infectivity and the neutralizing antibody of rabies virus was established by the use of immuno-peroxidase (biotin-avidinperoxidase) staining technique in microslide culture chambers. This method offers high sensitivity and reproducibility and would provide a new mean for the rapid diagnosis of rabies and the seroepidemiology of rabies virus.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22377
ISSN: 03042146
権利: Japanese Society of Tropical Medicine
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22377

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace