DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

SUSCEPTIBILITY OF SIMULIUM METALLICUM TO INFECTION WITH ONCHOCERCA VOLVULUS IN VENEZUELA


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJTMH12_89.pdf430.1 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: SUSCEPTIBILITY OF SIMULIUM METALLICUM TO INFECTION WITH ONCHOCERCA VOLVULUS IN VENEZUELA
その他のタイトル: ベネズエラにおけるSimulium metallicum のOnchocerca volvulusに対する感受性について
著者: Takaoka, Hiroyuki / Suzuki, Hiroshi / Noda, Shin-ichi / Tada, Isao / Sara, Rodulfo / Lucena, Pachano / Jacinto, Convit
著者(別表記) : 高岡, 宏行 / 鈴木, 博 / 野田, 伸一 / 多田, 功 / Sara, Rodulfo / Lucena, Pachano / Jacinto, Convit
発行日: 1984年 6月15日
出版者: 日本熱帯医学会 / Japanese Society of Tropical Medicine
引用: 日本熱帯医学会雑誌, vol.12(2), pp.89-96; 1984
抄録: ベネズエラ北部のオンコセルカ症伝搬プユ種であるSimulium metallicumのOnchocerca volvulusに対する感受性の程度を実験感染により検討した。実験lこは,O. volvulusミクロフィラリア保有者の脚から充分吸血した野外の雌成虫を用いた。これらの吸血個体を22-280℃ の温度条件下で個別に飼育し,毎日死亡した個体を解剖することにより幼虫の発育を調べた。その結果,吸血後5日と6日の聞に死亡したプユから最初の第III期幼虫が見いだされた。幼虫発育は不揃いであったが異常形の幼虫は見られなかった。ブユ体内で見いだされた幼虫のうち第III期幼虫の占める割合は吸血後6-8日に剖検したプユ体内で6%であったが, 9-11日に調べたブユでは69%と日数の経過とともに増加した。同期聞におけるブユの頭部に見いだされた第III期幼虫の割合も25%から54%へ上昇した。すなわち,S. metallicum体内でのO.volvulus幼虫の発育は不揃いであるが,ブユが長く生存すれば,とりこまれたミクロフィラリアの多くは第III期幼虫まで発育し,人へ感染する機会が多いことが示された。これらの結果と既に報告されているグアテマラとコロンピアでの実験感染の結果を比較すると,ベネズエラのS.metallicumは上記2国の同一ブユ種より,O. volvulusに対して高い感受性をもっていることが示唆された。 / The degree of susceptibility of Simulium metallicum to infection with Onchocerca volvulus was studied in Venezuela. Wild flies which had fed on the infected volunteer were maintained at a temperature varying between 22°C and 28°C, and all flies dying every 24 hours were dissected for larval development. Third-stage larvae were first seen in the head of flies dying between five and six days. Few abnormal and deformed larvae were observed. The larval development was asynchronous; only 41 of 117 larvae recovered from 32 flies examined on days 6-11 were in the third stage, the remaining larvae being still in earlier stages. However, the proportion of third-stage larvae among all larvae recovered increased from 6 to 69 per cent, with the passage of time from days 6-8 to 9-11. Likewise, the percentage of third-stage larvae found in the head during the same period rose from 25 to 54 per cent. These results indicate that despite the asynchronous and retarded development, many larvae can develop to the infective stage in S. metallicllm and the possibility of infective larvae capable of being eventually inoculated into man is high, when flies could survive more. It is suggested that the susceptibility of S. metallicum in Venezuela to the indigenous strain of O. volvulus is relatively high, as compared with that of the same species in Guatemala or Colombia.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22381
ISSN: 03042146
権利: Japanese Society of Tropical Medicine
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22381

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace