DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 学術雑誌論文 >

一卵双生児による知能構造の研究(其の一) : 知能と性格との干渉をめざして


ファイル 記述 サイズフォーマット
110001892813.pdf343.3 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 一卵双生児による知能構造の研究(其の一) : 知能と性格との干渉をめざして
その他のタイトル: An analysis of identical twin's intelligence
著者: 沢, 英久
著者(別表記) : Sawa, Hidehisa
発行日: 1957年 5月20日
出版者: 日本教育心理学会
引用: 教育心理学研究, 4(4), pp.5-8; 日本教育心理学会
抄録: In recent studies, P. Stocks, M. N. Karm (r=0.84), H. H. Newman, N. F. Freeman, K. G. Holzinger(r=0.88) and K. Otaira (r=0.902) report that there is a high correlation between identical twins. By means of the WISC full test in measuring their intelligence, the author has found that the correlation between 80 pairs shows 0.87. Let us consider, then, what will happen in the study of WISC sub-tests, that is Information Comprehension, Arithmetic, Similarities, Vocabulary, Picture completion, Picture arrangement, Block design, Object assembly, Digit symbol, Verbal I.Q. and Performance I.Q. on identical twin's intelligence. The author tested 80 pairs, 6-12 years of age consisting of 42 male pairs and 38 female ones living in the same families. The Comprehension, Picture completion and Object assembly were all statistically significant, but no significant difference was found in each sub-test of Vocabulary, Arithmetic, Information, Block design. That is, on even identical twins living in the same families, the data indicate that Comprehension, Picture completion and Object assembly are especially affected by a variety of emotional, environmental and other conditions.
URI: http://hdl.handle.net/10069/22450
ISSN: 00215015
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110001892813/
権利: 日本教育心理学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:010 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22450

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace