DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > University Hospital > Articles in academic journal >

少量インスリン投与により進展予防を試みたGAD抗体陽性インスリン非依存状態糖尿病の1例


File Description SizeFormat
tonyobyo49_291.pdf357.83 kBAdobe PDFView/Open

Title: 少量インスリン投与により進展予防を試みたGAD抗体陽性インスリン非依存状態糖尿病の1例
Other Titles: A Case of a GAD Autoantibody-positive NIDDM Patient Treated with a Small Dose of Insulin to Prevent Progression to an Insulin-deficient State
Authors: 川崎, 英二 / 福島, 慶子 / 森内, 昭江 / 古林, 正和 / 福島, 徹也 / 桑原, 宏永 / 喜多, 篤志 / 阿比留, 教生 / 魚谷, 茂雄 / 山崎, 浩則 / 江口, 勝美
Authors (alternative): Kawasaki, Eiji / Fukushima, Keiko / Moriuchi, Akie / Kobayashi, Masakazu / Fukushima, Tetsuya / Kuwahara, Hironaga / Kita, Atsushi / Abiru, Norio / Uotani, Sigeo / Yamasaki, Hironori / Eguchi, Katsumi
Issue Date: Apr-2006
Publisher: 日本糖尿病学会
Citation: 糖尿病, 49(4), pp. 291-294; 2006
Abstract: 症例は28歳,男性.1994年(18歳時)に健康診断でFPG 111 mg/dlを指摘されたが放置していた.1996年2月(20歳時),FPG 165 mg/dl, HbA1c 7.8%にて糖尿病と診断され,精査・加療目的にて当科受診した.初診時,身長177 cm, 体重69 kgと肥満はなく,HbA1c 6.9%, GAD抗体63.7 U/ml, 尿中CPR 34.8 μg/日,75 gOGTT時のΣ CPR(0~180分)23.3 ng/mlと内因性インスリン分泌の保たれたGAD抗体陽性インスリン非依存状態糖尿病(NIDDM)と診断された.IA-2抗体,インスリン自己抗体,TPO抗体はいずれも陰性で,HLA-DRB1*0405/*1502-DQB1*0401/*0601 と日本人1型糖尿病の疾患感受性および抵抗性ハプロタイプを有していた.膵β細胞機能を保持させる目的でNPHインスリン4単位/日を開始,その後8年間にわたり内因性インスリン分泌能を追跡した.その結果,75 gOGTTにおけるΣCPR(0~180分)は,2年後33.4 ng/ml, 4年後25.4 ng/ml, 6年後14.2 ng/ml, 8年後4.7 ng/mlと4年目以降に低下し,インスリン必要量は26単位/日まで増加した.GAD抗体は8年後も9.7 U/mlと陽性である.GAD抗体陽性NIDDMにおける少量インスリン治療の有効性を考えるうえで貴重な症例と考えられる.
Keywords: anti-glutamic acid decarboxylase / insulin / prevention / HLA / β cell function
URI: http://hdl.handle.net/10069/22602
ISSN: 0021437X
Relational Links: http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.JSTAGE/tonyobyo/49.291
Rights: Copyright (c) 2009 日本糖尿病学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22602

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace