DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

GPUを用いた位相限定相関法の高速化


ファイル 記述 サイズフォーマット
ITE33_201.pdf4.8 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: GPUを用いた位相限定相関法の高速化
その他のタイトル: Accelerating the Phase Only Correlation method using GPUs
著者: 松尾, 堅太郎 / 三好, 正之 / 濱田, 剛 / 柴田, 裕一郎 / 正田, 備也 / 小栗, 清
著者(別表記) : Matsuo, Kentaro / Miyoshi, Masayuki / Hamada, Tsuyoshi / Shibata, Yuichiro / Masada, Tomonari / Oguri, Kiyoshi
発行日: 2009年 2月 4日
出版者: 映像情報メディア学会 / The Institute of Image Information and Television Engineers
引用: 映像情報メディア学会技術報告, 33(6), pp.201-206; 2009
抄録: 位相限定相関法は画像マッチング・画像レジストレーションにおいて高いロバスト性とサブピクセル単位での高い精度を実現する計算方法であるが同時に計算コストが膨大であるという側面もある.これまで位相限定相関法の高速化には専用LSIやFPGAを用いた方法が試みられてきた.今回我々は新たにGPU(Graphics Processing Unit)を用いた位相限定相関法の高速化手法を考案し,Nvidia GPU,GeForce8800GTSへ実装を行った.GPU 1台当たりの処理時間に256×256 pixel画像が2.36秒,512×512 pixel画像が7.92秒,1024×1024 pixel画像が27.65秒で処理可能なことを確認し,これが過去の専用LSIやFPGAを用いた場合の計算速度と比較して約10倍程度高速であることを確認した. / The Phase Only Correlation (POC) method demonstrates high robustness and subpixel accuracy in the pattern matching and the image registration. However, there is a disadvantage in computational speed because of the calculation of 2D-FFT etc. We have proposed a novel approach to accelerate POC method using GPU to solve the calculation cost problem. Using our GPU-based POC implementation, each POC calculation can be done within 2.36 seconds for 256×256 pixels, within 7.92 seconds for 512×512 pixels, and 27.65 seconds for 1024×1024 pixels.
キーワード: Phase Only Correlation / GPU / CUDA / registration
URI: http://hdl.handle.net/10069/22664
ISSN: 13426893
権利: Copyright (c) 2009 社団法人 映像情報メディア学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22664

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace