DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 050 薬学部 > 050 学術雑誌論文 >

長崎県の大気中ポリ塩化ビフェニルの定量とその汚染特性評価


ファイル 記述 サイズフォーマット
BunKag58_211.pdf1.43 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県の大気中ポリ塩化ビフェニルの定量とその汚染特性評価
その他のタイトル: Determination of polychlorinated biphenyls and evaluation of their characteristics in ambient air in Nagasaki prefecture, Japan
著者: 本多, 隆 / 和田, 光弘 / 中島, 憲一郎
著者(別表記) : Honda, Takashi / Wada, Mitsuhiro / Nakashima, Kenichiro
発行日: 2009年 4月
出版者: 日本分析化学会 / Japan Society for Analytical Chemistry
引用: 分析化学, 58(4), pp.211-220; 2009
抄録: 2002~2006年度に長崎県において採取した大気試料について,高分解能ガスクロマトグラフィー/高分解能質量分析計を用いてポリ塩化ビフェニルの測定を行い,その濃度と汚染特性について考察を行った.長崎県は,九州西北部に位置する非離島地区と離島地区から成り立っているため,長崎県を3つの離島エリアを含む8エリアに区分し,各エリアの季節別ポリ塩化ビフェニル(PCB)濃度とダイオキシン類毒性等量を調査した結果,濃度及び特性について相違が見られた.全体的には気温が高い夏季のPCB濃度は137~416 pg/m3の範囲で,冬季の67~126 pg/m3と比較すると濃度が高く,また,離島地区は非離島地区よりも2~3倍濃度が高いという結果が得られた.次に,主成分分析やケミカルマスバランス法等を用いて汚染特性の統計学的解析を行った.その結果,離島地区ではカネクロールKC300の寄与が年間を通して大きく,一方,非離島地区では夏季にKC400の寄与率が高く,冬季では燃焼由来の成分が高い寄与を示した. / In this study, polychlorinated biphenyls (PCB) in ambient air samples collected in 2002~2006 in Nagasaki Prefecture, Japan were determined by using a high-resolution gas chromatography-high resolution mass spectrometry. Seasonal changes of the concentration and TEQ values of PCB at 8 areas (A~H) involving 3 isolated island (F~H) areas were examined. The concentration of PCB in the summer in the range of 137~ 416 pg/m3 was higher than that in the winter in the range of 67~ 126 pg/m3 (p<0.01). The isolated islands showed a two or three-times higher concentration of PCB compared to the districted areas (p<0.01). Furthermore, to identify the source of PCB, a principal component analysis (PCA) and a chemical mass balance (CMB) method were applied. In isolated island areas, Kanechlor KC300 was a major source throughout the year, whereas Kanechlor KC400 in summer and the products by combustion in winter were found to be major sources in districted areas.
キーワード: polychlorinated biphenyl / ambient air / principal component analysis / chemical mass balance / Nagasaki prefecture
URI: http://hdl.handle.net/10069/22700
ISSN: 05251931
DOI: 10.2116/bunsekikagaku.58.211
権利: © 2009 The Japan Society for Analytical Chemistry.
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:050 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22700

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace