DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

髄膜炎


ファイル 記述 サイズフォーマット
95_2232.pdf2.22 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 髄膜炎
著者: 渡邊, 浩 / 土橋, 佳子
発行日: 2006年11月
出版者: 日本内科学会 / The Japanese Society of Internal Medicine
引用: 日本内科学会雑誌, 95(11), pp.2232-2237; 2006
抄録: 髄膜炎は細菌感染による細菌性髄膜炎とウイルス感染が主体である無菌性髄膜炎に分けられるが, 細菌性髄膜炎について概説した. わが国における細菌性髄膜炎の原因菌としては, Haemophilus influenzae, Streptococcus pneumoniae の頻度が高いが, いずれも耐性菌の増加が問題となっており, そのため抗菌化学療法は耐性菌にも対応したものへと変化しつつある. 既に海外でその効果が確立されたH. influenzae type bに対する蛋白結合ワクチンなど髄膜炎予防に有効なワクチンの導入が望まれる.
キーワード: 髄膜炎 / 細菌性髄膜炎 / ワクチン
URI: http://hdl.handle.net/10069/22847
ISSN: 00215384
権利: Copyright (c) 2006 (社)日本内科学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22847

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace