DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Institute of Tropical Medicine > Articles in academic journal >

腎不全の診断と症状


File Description SizeFormat
87_1234.pdf570.51 kBAdobe PDFView/Open

Title: 腎不全の診断と症状
Authors: 原田, 孝司 / 宮崎, 正信 / 大園, 恵幸
Issue Date: Jul-1998
Publisher: 日本内科学会
Citation: 日本内科学会雑誌, 87(7), pp.1234-1240; 1998
Abstract: 腎不全とは体液の恒常性が維持できなくなった状態である.急性腎不全は通常は可逆性であるが,原因によっては病態が全く異なるのでその対応も大きく異なっ てくる.従って早期の的確な診断が大変重要である.もし対応を誤ると,生命に関わる危険性がある.一方,慢性腎不全は不可逆性で種々の原因疾患にて発症す る.腎不全が進展するにつれて,多彩な症状を呈するようになり,病期に合わせた適切な治療が必要となる.従って,的確な病期診断が要求される。この項では 急性および慢性腎不全の診断と症状について概説した.
Keywords: 急性腎不全 / 急性尿細管壊死 / 慢性腎不全 / 尿毒症
URI: http://hdl.handle.net/10069/22849
ISSN: 00215384
Rights: Copyright (c) 1998 (社)日本内科学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22849

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace