DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

起炎菌からみた呼吸器感染症の変遷


File Description SizeFormat
87_210.pdf540.81 kBAdobe PDFView/Open

Title: 起炎菌からみた呼吸器感染症の変遷
Authors: 河野, 茂 / 朝野, 和典
Issue Date: Feb-1998
Publisher: 日本内科学会 / The Japanese Society of Internal Medicine
Citation: 日本内科学会雑誌, 87(2), pp.210-216; 1998
Abstract: 呼吸器感染症は高齢者において生命予後に大きい影響を与える.従って迅速な診断と治療が重要である.最も簡便で迅速に原因菌を推定する方法は従来から用いられている喀痰のグラム染色である.さらには市中肺炎,院内肺炎など病態に分けた原因菌の推定がエンピリックテラピーのために有用である.呼吸器感染症の原因菌は使用される抗菌薬の影響により時代とともに推移し,感受性菌が減少し,耐性菌が増加する.一方で,これまでに知られていなかった新しい病原体の存在も認識されるようになってきている(新興感染症).このようにメチシリン耐性黄色ブドウ球菌やペニシリン耐性肺炎球菌などの耐性菌や診断法の進歩によるレジオネラや肺炎クラミジアなどの新しい病原体にも対処した高齢者の呼吸器感染症対策が望まれる
Keywords: グラム染色 / 市中肺炎 / 院内肺炎
URI: http://hdl.handle.net/10069/22863
ISSN: 00215384
Rights: Copyright (c) 1998 (社)日本内科学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22863

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace