DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

骨髄異形成症候群


File Description SizeFormat
88_997.pdf423.78 kBAdobe PDFView/Open

Title: 骨髄異形成症候群
Authors: 森, 弘行 / 栗山, 一孝
Issue Date: Jun-1999
Publisher: 日本内科学会 / The Japanese Society of Internal Medicine
Citation: 日本内科学会雑誌, 88(6), pp.997-1002; 1999
Abstract: 骨髄異形成症候群(MDS)は,多様な臨床像を呈し幅広いスペクトラムを有する疾患群と捉えることができる.診断には染色体検査などにより異常クローンを 証明するとともに細胞形態の評価が重要である.治療に関して確立されたものはないが,骨髄移植やサイトカイン療法,化学療法のほか,最近では免疫抑制療法 なども試みられている.今後さらに病態によってMDSが整理され,最適な治療法の選択が可能となることが望まれる.
Keywords: 骨髄異形成症候群 / 診断 / 治療 / サイトカイン / 免疫抑制療法
URI: http://hdl.handle.net/10069/22867
ISSN: 00215384
Rights: Copyright (c) 1999 (社)日本内科学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22867

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace