DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

副甲状腺ホルモン関連蛋白とその作用


File Description SizeFormat
88_1271.pdf360.25 kBAdobe PDFView/Open

Title: 副甲状腺ホルモン関連蛋白とその作用
Authors: 大津留, 晶 / 山下, 俊一
Issue Date: Jul-1999
Publisher: 日本内科学会 / The Japanese Society of Internal Medicine
Citation: 日本内科学会雑誌, 88(7), pp.1271-1276; 1999
Abstract: 副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)は,悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症の原因物質として発見された. PTHrPのN端は副甲状腺ホルモン(PTH)と高い相同性を有し,いずれも共通のPTH/PTHrP受容体に結合し,作用を発揮する.しかし,副甲状腺 より分泌され,血中カルシウムレベルを調節するホルモンであるPTHに対し, PTHrPはあらゆる臓器の様々な細胞より,時に応じて分泌され,生理的には主にパラクライン・オートクライン的に作用している.事実その受容体は全身に 幅広く分布している.このためPTHrPの生理作用は不明な点が数多くあったが,発生工学的手法などの発展に伴い骨・軟骨系の新知見を始め,その機能の実 態が徐々に明らかにされつつある.
Keywords: PTH/PTHrP受容体 / 内軟骨性骨化 / ノックアウトマウス
URI: http://hdl.handle.net/10069/22868
ISSN: 00215384
Rights: Copyright (c) 1999 (社)日本内科学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/22868

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace